読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆり@アラフォーバツイチが婚活迷走したブログ。

婚活市場の事故物件?!アラフォーバツイチが婚活迷走中です。レンタル彼氏を借りてみたり、ホストクラブに行ってみたり、毎日おもしろいです。

婚活における減点方式はいかがなものかも思う。

婚活戦略 結婚観

男女関係における減点方式をなんとかしたい。

 

これって考え方のクセだと思うんだけど

例えば

・ごはん食べに行ってみたらお箸の持ち方がなってない

・食べ方がきたない

・自分のことばかりしゃべる

・お店選びのセンスが悪い

・洋服のセンスが好きじゃない

 

 

とか色々。

無言で減点してく人がいる。

 

そういうのをぶちまけるのが女子会。

男性だと飲み会?

下手したらセックスまでぶちまけられる。

こわいこわい。

 

 

この減点方式を採用してるといつまでたっても幸せになれないと思うのです。

 

最初は満点の人でもどんどん減点されてく。

 

理想のタイプに巡り合ったとしても

ちょっとした事で減点がはじまると恋も冷める。

 

 

 

しかも本人が知らないうちに。

 

 

そんな全てがパーフェクトな人いないし、

じゃああなたはどうなのよ?と思うわけです。

 

 

 

人間て不思議なもので

同じくらいのレベルの人同士が集まる。

 

 

 

高校生のクラスとかがいい例で

キラキラ女子同士はキラキラ女子同士が

ヤンキー同士はヤンキー同士で

オタク同士はオタク同士が集まってたでしょ。

 

 

あんな感じです。

 

 

目立たない冴えない女子が

ある日突然イケメン生徒会長に告られる!

とかないわけです。

 

 

 

空から突然美少女が降ってこないわけです。

 

 

 

彼氏彼女のダメなところをまず見てみて

自分にも思い当たるフシがないかを考えてみよう。

 

 

 

これ、最初はキツイ。

嫌なところって実は自分で自分が嫌なところを

相手に映し出したりするんだけど

それを認めるのって結構拒否反応おこします。

 

 

だけどそれを認めると、

相手に優しくなれる。

 

 

「私も(俺も)そういう時あるから、わかるな」

って思えるようになる。

 

 

スポンサーリンク

   



 

 

その優しさを持てるようになったら素直に

「直してほしい」と伝える。

 

 

言わなきゃわからないことっていっぱいあるし

自分の常識が相手の常識とは限らない。

 

 

 

そんなの当たり前じゃん!常識じゃん!

って思うことでも違うことも多いよ。

 

 

育った環境も違うし、関わってきた人も違う。

もしそれがパナマ人だったらどうでしょう?

常識も当たり前も違うよねー。

 

 

なんでパナマかっていうと

キングオブコントで久しぶりに見たバイきんぐのネタがおもしろくてー。

 

小峠の

パナマどこよ!」が…忘れられない。

 

 

 

 

 

 

そして加点方式を採用する。

 

指が綺麗、とか

笑顔がかわいい、とか

言葉遣いが丁寧とか

ありがとうってちゃんと言えるとか

 

 

加点方式を採用するとどんどん人が好きになる。

それをさらに相手に伝えると関係はもっと良くなる。

 

「そういうところいいね」

「そういうところ好き」

 

特に、この人に自分のことを好きになってほしいな

と思う人これをちょいちょいやり続けると

好きになりはじめます。

 

 

LINEでも有効。

 

 

 

好意を持ってくれてるんだ、という安心感もある。

 

 

「あなたのそういうところ、素敵だと思います。」

 

って言われたら

ドキッとするよねー!

 

 

というわけで

婚活が上手くいかない方はぜひ

加点方式を採用ご検討ください。

 

 

確実に許せない、直してくれない点がある場合は諦めで!!

 

 

スポンサーリンク

   



また読みたい!と思ったら読者登録お願いします^^



応援クリック、よろしくお願いします^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活 ブログランキングへ