読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆり@アラフォーバツイチが婚活迷走したブログ。

婚活市場の事故物件?!アラフォーバツイチが婚活迷走中です。レンタル彼氏を借りてみたり、ホストクラブに行ってみたり、毎日おもしろいです。

ホストクラブでときめいた。その3

寒いよーちょっとした吹雪の中一人でバス乗って帰って来ました。

バス降りた瞬間「うおっ」って言った。

横殴りの雪に「うおっ」って言っちゃった。

びっくりした拍子に「うおっ」ていう女。

 

「うおっ」って言いながらホストにLINE返してたアラフォー。

シュール。

 

前回までの流れ↓ 

 

 

happymarriage.hateblo.jp

 

 

happymarriage.hateblo.jp

 

 

友達の誘いで初歌舞伎町ホストクラブへ。

お客の女性のお会計に驚愕。

2軒目でホストの本域を垣間見た。。。!

 

 

 

なんかね、ざっくりとホストといえばこんなイメージだったんだけど、全然違いました。


銀魂のイケメンホスト様(//∇//)💖💖

 

こんなホストいたら面白いけどねぇ。

実際のホストクラブは乙女ゲームのキャラクターを並べたようなところでした。

乙女ゲームやったことないけど。

 

乙女ゲームのキャラクターといえば

  • 王子様キャラ
  • オラオラドSキャラ
  • 可愛い子犬系キャラ
  • 爽やかキャラ
  • ノリのいい体育会系キャラ
  • 影のあるヤンデレキャラ

こんな感じで認識しています。

 

乙女ゲームキャラクターだいたい揃ってました。

乙女ゲーム好きな女性が行ったらハマっちゃうかもね。

 

そして、前回の続きですが、朝方隣のホストちゃんに「キスしよ」とつぶやかれた瞬間、瞬時に無意識に精神的防御が発動しました。

 

なんで防御かと言いますと、「色恋営業かけられる!」と思ったから。

ホストの色恋営業についてはこのブログが面白かったのでご紹介。

元No1ホストの恋愛悩み相談室:色恋営業攻略

 

キャバ嬢の色恋営業もなかなかゲスいこともやってたりしますが男と女ではスタイルが違うようです。

別に色恋営業かけられても行かなきゃいい話なんだけど。

 

まぁ他にも防御した要因は色々あった。

 

  • 女友達が目の前にいて、その友達が「かわいーでしょ!」と言ってた。
  • 年齢差が15歳。
  • まだそれほど酔ってなかった。
  • 唐突すぎた。

 

 

...かつてこのようにキスを誘って来た男がいただろうか?

 

大体にして疑問系が多いですよね。

「キスしていい?」

「手を繋いでもいい?」

「してもいい?」

みたいな。

 

 

現代の男性の自信のなさの表れなのでしょう。

何かにつけて許可を取る疑問系。

疑問系で聞かれると「ダメ」って言いやすい。

 

しかし、この日のホストは違った。

「キスしよ」

 

えっ?てなるよ。こう言われたら、えっ?てなる。

危うく「うん」って言いそうになったよー!!!

 

 

色々混乱しながら「ダメ」って言っときました。

そしたら目を見つめながらちょっと間を空けて、強引に引き寄せてしてきましたYO!!

 

少女漫画かと思った。

少女漫画で見たことある、こういうの。

 

目を見つめて ← 本当にダメなのかを見極めた。

間を空けて ← 本当にダメなのかを見極めた。

 

ホストはこの3秒くらいの間に状況処理して次の一手を判断したようです。

びっくり。

 

いやほんと、まんざらでもなかったから!

アラフォーが色ボケしてすんません!

 

 

この瞬間、一気に酔いが回ったのは事実です。

 

 

そしてそろそろ帰るよ〜とお店を出るとき、このホストに手を引かれていました。

あれ?ここバーだよね?ホストクラブじゃないよね?とフラフラしながらも友達とタクシーに乗る直前、また!不意打ちキスされました。

 

 

ああたいへん。

 

すっかり営業ロックオンされたような気が。。。

 

 

タクシーに乗った直後からずーっとLINEを応酬しています。

この後の発展はどうなるのか?

 

経過観察をしていこうと思います。

デートできたらいいな〜という期待も抱きつつ、いつかお店に呼ばれるのかな〜という思いもありつつ。

このお話は今後も面白い発展があり次第、お届けします。

 

 

また読みたい!と思ったら読者登録お願いします^^



応援クリック、よろしくお願いします^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活 ブログランキングへ