ゆり@アラフォーバツイチの性欲ブログ

アラフォーバツイチが性欲の赴くままに生きる日々

URは引っ越しやすくて好き。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

引っ越すお部屋を見に行って6部屋くらい内見して、決めてきました。さくっと。

旦那がいたらこんなにさくっと決まらなさそー。

上の子の意見を取り入れつつ、私の独断と偏見で決定。

決め手はチビッコの一言でした。4つ目に内見したお部屋にはいった瞬間、「わぁ〜ホテルみたいだね(^o^)」って言ったので、なんか雰囲気がいいのかなぁ?と。

間取りもいいし、憧れの二段ベッドもおける。

私にはウォークインクローゼットもあるし。イエーイ!

本当、荷物多い現状。つまらない文句を言う人がいない自由人生活なため、洋服もバッグも靴もだいぶ処分したものの、まだまだある。

広さよりも機能重視の判断。

 

夜逃げしてきてしてすぐ、引越し先を探している時全然審査が通らなかったんですよ。

まだ離婚してなかったので苗字は旦那だけど不動産物件の申し込みは私とこども。

「なんで旦那さんが申し込みじゃないの?」とか嫌なこと聞かれることもありました。

その頃は毎日まじムカついてたし、夜は一人で泣いてた。

そんな時、相談に乗ってくれている人が「URだったらシングルマザーでも審査が通りやすいらしい」と教えてくれて、本当にすぐはいれました。

 

家具だの家電だのは少しずつ揃えて、フリーダムになれました。

未だに前の苗字で電気とか契約してあるのだけきになるが、名義変更めんどくさくてやってません。

 

都内だと結構な金額するけど、URに住んでるメリットとして

  • 礼金がない。
  • 更新料がない。
  • 敷金返還が適正。
  • 敷金持ち越して引っ越せる。

礼金って今でこそだいぶないところも増えたけどまだあるし、なるべく初期費用抑えたいから払いたくない。

それが基本ありません。

 

香辛料も帰ってこないでしょ。

あれってなんのために払うんだろう。

更新料がかかるたびに引越しもできないし、ないに越したことはない。

 

引っ越すときに通常の賃貸物件だと敷金がほとんど返ってこなかったりするが、URのばあい結構返ってきます。

5年前に一回引越ししたんだけど、その時は修繕費15000円くらいでした。

今回は長く住んだからもう少しかかると思うけど、それでも敷金全部返ってこないとか絶対ない。

で、次の物件の敷金に持ち越しできる。

その上、家賃が下がれば多い分の敷金が返ってきます。

 

だからわざわざ民間の物件に引っ越す理由がないのね。

まあ、ゴージャスなタワーマンションに引っ越したいなら話は別ですがそこそこの物件でOKならURオススメです。

都内ならゴージャスな雰囲気のマンションも増えてきた。

恵比寿、中目黒、豊洲とか便利な立地のマンションがありますよ。

 

そして、紹介キャンペーンをやってるのでこれが欲しい方は連絡ください。

www.ur-net.go.jp

 

アフィリエイトじゃなく、アナログな紹介制度ですが。笑

 

 

また読みたい!と思ったら読者登録お願いします^^



応援クリック、よろしくお願いします^^
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活 ブログランキングへ