ゆり@アラフォーバツイチの性欲ブログ

アラフォーバツイチが性欲の赴くままに生きる日々

シングルマザーが役所で必ず聞かれること。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

引っ越しの手続きで役所に行ったら、児童扶養手当とか変更しないとなと思って申し出た。

貰えるものは申し出ないとなにも教えてくれないのでね。

 

で、子ども担当の窓口で児童扶養手当の手続きしたいんですけど、と言って通された椅子で話し始めたら遅れてきた森ガール風が出てきて「以前お住いのところで貰った資格消失の証明を出してください。」と言うのよね。

 

こちらとしては、初耳ですが?

 

「えーっと…転出の手続きの時に、児童手当の手続きの時に課税証明書が必要だからと、取得してきましたけど」と言うと、「え?資格消失の手続きしてないんですか?」と言われ、若干カチンときた。

 

なぜかというと、「なんで当たり前の事なのにしてきてないの?」という感じの自分の正義押し付け感。

そして、「転出の時に、これが必要とは教えてもらいました。」と書類を出しても、「えーっとだから、消失の手続きはしてないんですよね?」「今後、ご結婚の予定はありますか?」と、何度も同じ事を聞くの。関係ない事まで聞くの。

バカなのかな?言ってるよ私。してないよ。ついでに結婚の予定なんて一切ないよ。ほっとけよ。

 

してない場合、どうすればいいのかを一向に言わないので、話がまったく進まない。

「じゃあ消失の手続きしてまた来ますね。」と言ったら「ちょっとお待ちください。」と言ってこの女はおくにひっこみ、先輩らしき女性にバトンタッチ。

その女性はサクサクと話を進めてくれて「受給者証書はお持ちですかね?では、児童扶養手当は自治体ごとにデータを保管して支給していますので、前にお住いの自治体に問い合わせをしてデータを引き継ぎます。」と。

じゃあ受給者証書持って出直しますね、と言うと

「大丈夫です、前にお住いの自治体にこちらで問い合わせますので、そのデータを確認してどこまで支給されているか確認して支給となります。」

 

 

えっ、ちょっとお待ちを。

さっきの森ガールがひたすら資格消失の手続きしてないなんて、みたいな口調で15分くらい問い詰められたのはなんだったのかなー(๑╹ω╹๑ )

そんな女に結婚の予定とか聞かれてイラっとし損。

 

しかし先輩もやはり「結婚を前提にお付き合いしている男性とか、頻繁に行き来をしている男性はいらっしゃらないですかね」と質問してくるので、ウケテシマイマシタ。

「一切ございません。」と笑いながら答えると先輩は「みなさんに聞いている事なので、申し訳ありません。」と。大変ですよね、聞く方もね。

 

このやり取りの間、森ガールはすぐ後ろの自分のデスクで片膝ついてパソコンカタカタやってた。

こやつ定時即上がり系だな。

 

 

 

もうこの質問はシングルマザーの宿命なんだけどさ、結婚予定はしょうがないとしても付き合ってる男の存在も手当関係はダメらしいですよ。

 

男に経済を頼ってるという前提なんだろーけどさ。

前に住んでたところでは薬指に指輪してるだけで問い詰められた。

 

 

これを平たくとると【扶養手当を貰っているようなシングルマザーは次に彼氏が出来たらすぐに経済を頼って一年以内には結婚してください。】と言われているようなものですね。

 

それが嫌なら手当もらうなと。

手当もらうと恋愛に制限がかかるのかぁ…。

 

まぁ、まったくもって結婚の予定はないし彼氏もいないので問題ないですけどね。